手彫りのはんこ

印鑑注文認印であればともかく、銀行印や実印などは、できる限り偽造できないようなはんこを購入するのが望ましいと言えるでしょう。しかし、機械で作ったはんこの場合には、偽造されてしまう可能性がないとは言えません。

では、どのようなはんこであれば偽造されにくいのでしょうか。それは手彫りのはんこです。手彫りというのは、熟練された職人が手作業で作るので、どうしてもほんの僅かなずれが出てしまうことがあります。職人自身も寸分たがわぬ全く同じ物は作れません。

そのため、手彫りであればまず偽造されることはないので、かなり安全性が高いと言えるでしょう。このようなメリットがある手彫りのはんこですが、当然一般的な種類のはんこよりも値段が高くなっています。よって個人で使用する場合には、機械で作ったはんこを購入することが多いと言えるでしょう。それに対して法人として使用する場合には、絶対に偽造されてはいけないため、手彫りがよいと希望する人も多いのです。もちろん個人であっても希望する人はいます。

通常はんこというのは、よい素材を使っていれば、一生涯持つことが多いでしょう。1度購入してしまえば、あとでまた購入し直すということはあまりありません。だからこそ高くてもよいと考えている人が多いのです。そんな手彫りのはんこであっても、現在ではインターネットで注文することが可能になっています。当サイトでは手彫りのはんこについて、いろいろな情報を多くの人に伝えていきたいと考えています。

Pocket